トップページ残業を削減する方法 > 配置の適正化

配置の適正化

配置の適正化を図って、負担を平均化することです。

各部門での配置が適切でないと、仕事にムラが生じ、結果として残業時間が長くなってしまいます。

各部門での必要な要員を正確に把握し、配置を適正化します。そうすることで、残業や休日出勤しないことを前提とした業務計画の立案と実行が可能になります。

また、業務の状況を見ながら、他部門へ応援させるなど臨機に対応できる措置を用意しておけば、残業手当(残業時間)の削減に繋がります。

そのためには、積極的に教育訓練を実施し、多能工化(1人の社員が複数の業務を行える状態)の推進が欠かせません。多能工化を推進するために、定期的な配置転換や担当換えも有効です。

提案制度を導入する -->|--> 業務の配分の見直し