なるほど労働基準法 > 残業 >  割増賃金令

割増賃金令

労働基準法 第37条第2項

前項の政令は、労働者の福祉、時間外又は休日の労働の動向その他の事情を考慮して定めるものとする。

【割増賃金令】の解説です

残業手当の割増率は、政令によって、労働者の福祉、時間外又は休日の労働の動向その他の事情を考慮して決定されることになっています。

政令?

はい。現在の、1週40時間又は1日8時間を超えて働かせたときは25%増し、週1回の休日に働かせたときは35%増しというのは、政令で定められています。

ふ〜ん。

残業手当の削減ノウハウ

残業手当の削減ノウハウを公開しています。
残業に関する知識を得て、取り組めば残業時間を削減できます。