なるほど労働基準法 > 残業 > 公務員の臨時の残業

公務員の臨時の残業

労働基準法 第33条第3項

公務のために臨時の必要がある場合においては、第1項の規定にかかわらず、官公署の事業(別表第1に掲げる事業を除く。)に従事する国家公務員及び地方公務員については、第32条から前条まで若しくは第40条の労働時間を延長し、又は第35条の休日に労働させることができる。

【公務員の臨時の残業】の解説です

国家公務員と地方公務員については、公務のために臨時の必要がある場合は残業や休日出勤をさせても構いません。

公務員のことは関係ないね。

そうですね。一応、公務員については、労働基準監督署の許可は必要なくて、公務のために臨時の必要がある場合は認められることになっています。

災害とかは関係なしに?

はい。災害に限らず広い範囲で認められることになっています。

残業手当の削減ノウハウ

残業手当の削減ノウハウを公開しています。
残業に関する知識を得て、取り組めば残業時間を削減できます。