なるほど労働基準法 > 残業 > 災害時の残業の不許可

災害時の残業の不許可

労働基準法 第33条第2項

前項ただし書の規定による届出があつた場合において、行政官庁がその労働時間の延長又は休日の労働を不適当と認めるときは、その後にその時間に相当する休憩又は休日を与えるべきことを、命ずることができる。

労働基準法 施行規則 第14条

法第33条第2項の規定による命令は、様式第7号による文書で所轄労働基準監督署長がこれを行う。

【災害時の残業の不許可】の解説です

災害時に残業等をさせて事後に労働基準監督署に届出をしたときに、労働基準監督署が不適当と判断した場合は、その時間に相当する休憩や休日を与えるよう命じられることがあります。

不適当って判断されることがあるの?

はい。単に仕事が忙しいとか、通常予想される機械の修理とかは認められません。

どういったケースならいいの?

火災の発生やボイラーの破裂以外でしたら、事業運営に影響するような突発的な機械の故障の修理とか、災害、緊急、不可抗力で避けることのできない場合に限られています。

残業手当の削減ノウハウ

残業手当の削減ノウハウを公開しています。
残業に関する知識を得て、取り組めば残業時間を削減できます。