なるほど労働基準法 > 残業 > 災害時の残業

災害時の残業

労働基準法 第33条

災害その他避けることのできない事由によつて、臨時の必要がある場合においては、使用者は、行政官庁の許可を受けて、その必要の限度において第32条から前条まで若しくは第40条の労働時間を延長し、又は第35条の休日に労働させることができる。ただし、事態急迫のために行政官庁の許可を受ける暇がない場合においては、事後に遅滞なく届け出なければならない。

労働基準法 施行規則 第13条

法第33条第1項本文の規定による許可は、所轄労働基準監督署長から受け、同条同項但書の規定による届出は、所轄労働基準監督署長にしなければならない。

労働基準法 施行規則 第13条第2項

前項の許可又は届出は、様式第6号によるものとする。

【災害時の残業】の解説です

火災が発生したり、ボイラーが破裂したりして、緊急を要する場合は、労働基準監督署の許可を得れば残業や休日出勤をさせても構いません。労働基準監督署の許可を事前に取れないときは事後の届出でも構いません。

36協定を届け出ていたら、残業も休日出勤もさせていいんだよね。

はい。36協定を届け出ていたら構いません。36協定がなくても、このような災害時で緊急を要する場合は、残業や休日出勤をさせても労働基準法違反にはなりません。

そういうことがないのが一番だけどね。

そうですね。それと、36協定では残業させることのできる限度時間が決められていますけど、この場合は、その限度時間を超えても構いません。

残業手当の削減ノウハウ

残業手当の削減ノウハウを公開しています。
残業に関する知識を得て、取り組めば残業時間を削減できます。