なるほど労働基準法 > 残業 > 36協定の限度時間の遵守

36協定の限度時間の遵守

労働基準法 第36条第3項

第1項の協定をする使用者及び労働組合又は労働者の過半数を代表する者は、当該協定で労働時間の延長を定めるに当たり、当該協定の内容が前項の基準に適合したものとなるようにしなければならない。

【36協定の限度時間の遵守】の解説です

36協定を締結する会社と従業員代表は、法定労働時間を超えて勤務できる時間について、限度基準に適合したものとなるようにしないといけません。

36協定の限度基準はお互いに守りなさいということね。

そういうことです。

限度基準の範囲内で36協定を締結したとしても、実際の残業時間が、この限度時間を超えてしまった場合はどうなるの。違法になるの?

36協定を提出すれば、36協定に記載された範囲内で残業させることが可能になります。つまり、その範囲内での残業が認められるだけで、これを超えて残業させると労働基準法違反になってしまいます。

残業手当を支払っていても?

ええ。残業手当をキッチリ支払っていてもです。限度時間を超えて働かせて、残業手当も支払ってないとなると、二重で違法になります。

残業手当の削減ノウハウ

残業手当の削減ノウハウを公開しています。
残業に関する知識を得て、取り組めば残業時間を削減できます。