トップページなぜ残業するのか? > 残業を前提とした業務体制になっている

残業を前提とした業務体制になっている

残業を前提として仕事を割り当てているケースです。

仕事がいつ無くなるとも限らない状況で、余剰人員を抱えることは怖いです。このため、必要最小限の社員数となり、普段の仕事量でも残業を前提にしないと業務が回りません。

また、毎日夜9時まで仕事をしていると、いつの間にか9時終業を前提に仕事を詰め込むようになります。本当に残業をしてまで行う必要がある業務なのか、確認しなければなりません。

恒常的に残業が行われている場合は、割増の残業手当を支払うよりも新しく社員を採用した方が人件費を抑えられます。一度、シミュレーションをして比較してはいかがでしょうか?

仕事量が多い -->|--> 特定の個人に仕事が集中している