トップページなぜ残業するのか? > つきあいで残業をしている

つきあいで残業をしている

特別な仕事もないのに、つきあいで残業しているケースです。

これは上司によって大きく左右します。

「みんなが残業しているから帰りにくい」、「上司よりも先に帰りにくい」、「後で一緒に飲みに行くから」等と、こんな理由で、特別な仕事もないのに残業されたら、残業手当は増える一方です。

利益を生み出さないのですから、残業手当を払える訳がありません。

それで、サービス残業として黙認していて、後で、社員から残業手当の支払を求められたら災難です。会社は、労働密度の極めて薄い時間についても残業手当を支払わされます。

残業をする場合に上司の事前の承認や指示を義務付ければ、この問題は解消することができます。

残業手当が生活費の一部になっている -->|--> 仕事量が多い