経営者ページ残業に対する認識を変える > 経営者の決断

経営者の決断

これまでサービス残業をさせていた会社は大変です。サービス残業を見越して経営していた訳ですから、それなりの出費・混乱は覚悟しないといけません。

でも、元々支払う必要のあった残業手当を法律に従ってキチンと支払いましょうということですから、仕方のないことと言えば仕方のないことなのですが...

「半年後にはサービス残業を止める」「今すぐは無理だけど、1年後には残業手当をキチンと支払う」等と宣言し、後に示すいくつかの方法を組み合わせて残業時間を減らしてください。

サービス残業をさせていない会社であっても、残業時間(残業手当)を削減する際には、多少の混乱は避けられません。どこの会社にも現状維持を望み、変革に反対する社員がいるものです。

業務の見直しや改善を進める場合は、少なくても半年程度はかかるのではないかと思います。

経営者の決断次第です。元々残業時間の長短というのは、経営者の考え方によるところが大きいです。

|--> 残業は臨時か緊急の時だけ行う