トップページなぜ残業するのか? > 特定の個人に仕事が集中している

特定の個人に仕事が集中している

次のような場合に、特定の社員の残業時間(残業手当)が飛び抜けて多くなることがあります。

残業時間(残業手当)の多さも問題ですが、それ以上に、特定の社員にしかできない業務があるという状況は危険です。急に退職されたら誰もフォローできません。また、上司は的確な指示を出せませんし、適正な評価もできません。

業務の配分を見直したり、教育を行って多能工化を進めると改善に繋がります。

残業を前提とした業務体制になっている -->|--> 業務に繁閑の差がある