トップページ残業時間かどうか? > 自己申告の記録とタイムカード

自己申告の記録とタイムカード

残業時間を自己申告制で管理していると、タイムカードの時刻と自己申告の記録がずれていることがよくあります。この場合、タイムカードの時刻と自己申告の記録とで、労働時間(残業時間)はどちらの時間でカウントされるのでしょうか。

社員からタイムカードに基づいた残業手当の支払を求められた場合、自己申告の記録ではなく、タイムカードの時刻が労働時間とみなされるのが通例です。

そして、自己申告の記録に基づいて残業手当を支払っていた場合は、タイムカードに基づいて計算された残業手当との差額を支払うことになります。

会社で自己申告の記録の方が正しいことを証明できれば別ですが、業務が終わってタイムカードに打刻するまで何をしていたのか証明することは非常に困難です。

毎日10分程度なら、業務が終わってタイムカードを押すまで、それくらいの時間が掛かっていたことを証明できても、30分以上になってくると証明はほぼ不可能です。実際、業務を行っているケースが多いと思います。

社員が会社に出社した時間・退社した時間にタイムカードを打刻している場合は、これを見直して、業務の開始前と終了後に打刻するよう指導して下さい。

持ち帰り残業は? -->|--> 社員が納得してればいいのか?