トップページ継続的に残業を削減する > 定期的な見直し

定期的な見直し

配置や業務配分は放っておくと、徐々にムラが生じてきます。業務量・業務内容を見て定期的に、配置の適正化や業務配分の見直しを行います。

また、ノー残業デーが忘れ去られたり、「残業は、臨時か緊急の時だけ例外的に行うもの」という考えがルーズになったりします。その都度、指導して是正を促すべきなのですが、なかなか組織風土として定着しない職場もあります。

また、スケジュールを作成して、定期的にどれくらい根付いてきたのか評価して、根付いていないようであれば、もう一度やり直しです。

会社が残業を本気でなくそうと思っていることを伝えるためには、繰り返し話して実行することです。見過ごされていると、会社は本気ではないんだなと思うのは当然のことでしょう。

36協定の限度時間を短くする -->|--> 毎日がノー残業デー