トップページなぜ残業するのか? > 残業手当が生活費の一部になっている

残業手当が生活費の一部になっている

社員にとって、残業手当が生活費の一部になっているケースです。

基本給と同じように毎月一定額の残業手当が支給されると、残業手当が生活費の一部となってしまいます。そうなると、生活費を確保するため、自然と残業時間を減らさないような働き方になります。

そうなると会社にとっては生産性の向上は期待できませんから、競争力が落ちていきます。社員にとってもプライベートな時間を作れるのに、それを犠牲にしている。誰も得しない働き方です。

残業についての認識を変える必要があります。残業をする場合に上司の事前の承認や指示を義務付ければ、無駄な残業をなくすことができます。

|--> つきあいで残業をしている