トップページなぜ残業するのか? > 仕事量が多い

仕事量が多い

社員数に対して仕事量が多いため、残業しないと片付けられないケースです。

社員に聞けば、この答えが一番多いと思います。本当かどうか見極める必要がありますが、社員数を減らしたため一人一人の仕事量が増加しているケースが多いのも事実です。

「残業は、臨時か緊急の時だけ例外的に行うもの」という考えを定着させることで、緊急性のない残業を削減することができます。

仕事量が多い場合は業務を効率化することが第一ですが、それができなければ残業で対応することになります。

つきあいで残業をしている -->|--> 残業を前提とした業務体制になっている