トップページ残業に対する認識を変える > 残業は臨時か緊急の時だけ行う

残業は臨時か緊急の時だけ行う

日常的に残業を行っていては、残業時間の削減は期待できません。

「仕事があるから残業する」といった認識を改めて、「残業は、臨時か緊急の時だけ例外的に行うもの」と、これを残業の原則とします。

上司の日頃の指導により、ある程度は残業時間(残業手当)を削減できます。思い付いたときに指導するのではなく、毎日毎日繰り返ししつこく指導する以外に方法はありません。

3ヶ月か半年でも指導し続ければ、「残業は、臨時か緊急の時だけ例外的に行うもの」という考えが組織風土として定着し始めます。

経営者の決断 -->|--> 残業しても評価しない