トップページ残業時間かどうか? > 社員が納得してればいいのか?

社員が納得してればいいのか?

残業手当が支払われないことは社員も納得の上だと主張する経営者もいます。この場合はどうなるのでしょう。

労働基準法は強行法規と呼ばれまして、強制的に労働基準法が適用されます。つまり、社員が納得しているかどうかは関係なく、労働基準法に基づいた残業手当の支払義務があります。

これは、定額の残業手当を支払っていて、それ以上の残業手当は支払わないことについて社員が納得しているケースでも同じです。

また、残業手当は、この金額以上は支払わない旨の契約書を交わしていても、その契約自体が無効となって、労働基準法に基づいた残業手当を支払わないといけません。

また、休日出勤について会社で把握できていないケースもあるのですが、この場合も、社員本人が「無給を承知の上で出てきた」と言っても、休日労働手当を支払わないといけません。

自己申告の記録とタイムカード -->|--> 社員が勝手に残業した場合は?