トップページなぜ残業するのか? > 顧客の都合に合わせている

顧客の都合に合わせている

サービス向上のため残業を行って対応するケースがあります。

また、特定企業だけの下請仕事を行っていると無理な要望を断れないケースもあるでしょう。最近は在庫を持たない経営が増えていて、在庫を持たないから注文するときはいつも大至急というケースが多いようです。

いつも顧客の言いなりで受注している場合は、顧客が本当に急いでいるのか疑わしいケースもあります。事業を継続できなければ、顧客にも迷惑が掛かってしまいます。顧客に協力を求めることはできないでしょうか。

次に、残業手当を支払ってでも受注する必要があるのか、納期を遅らせることはできないのか、検討してみましょう。

それが無理なら、変形労働時間制を採用するなどして仕事量の少ない時期の労働時間を減らして、その時間を大量の受注時に振り分けたり、人を増やして対応するしかないでしょう。

業務に繁閑の差がある -->|--> 残業していると評価される