トップページ残業を削減する方法 > 業務の効率化を進める

業務の効率化を進める

当然のことですが、いらない仕事はやめましょう。本当に必要な業務だけをやるという発想に切り換えます。やった方が良いと思い込んでいるだけの無駄な仕事が必ずあります。

1つ1つ見ていったら無駄な作業が結構あるはずです。5分でも、1分でも、10秒でも、短縮できることは積極的に短縮していきましょう。繰り返し作業する業務であれば、その効果は大きいです。

また、僅かなことでも実行に移すことによって、会社の本気度を示すことができます。会社が本気にならなければ、社員も本気になってはくれません。

これまでは一所懸命がんばって仕事量を増やしてきたかもしれません。見方を変えて、もっと頑張らなくても良い方法を考えてみることも大事です。

また、部分部分の作業を見て効率化が進んでいるように見えても、その業務の目的は何なのかとゼロベースで考えたら他にもっと良い方法が見付かることもあります。

効率化はこれくらいで良いだろうと思っていたら、それ以上の効率化は進みません。

5Sを徹底する -->|--> 提案制度を導入する