トップページ残業に対する認識を変える > 身近な社会貢献

身近な社会貢献

長時間労働や深夜労働は、ストレスの大きな原因となります。特に睡眠時間が短くなると、メンタルヘルスに悪影響が及ぶことが知られています。

残業時間を減らすことで、女性社員が働きやすくなりますし、家庭生活が充実する、健康的になる、労働災害が起き難くなる、趣味の時間が増える、など良い面がたくさんあります。

最近は社会貢献が注目されていますが、残業時間を減らすことも身近な社会貢献の1つです。

そうすることによって従業員満足が高まり、結果的に顧客満足も高まります。顧客満足を高めようと思っても、従業員満足を無視しているとどこかで無理が生じ、いつかは破綻してしまいます。

法令遵守(コンプライアンス) -->|--> 残業手当の削減マニュアル