トップページ残業の法律知識 > 残業手当込みの賃金

残業手当込みの賃金

残業手当を定額で支払っている場合は前のページの通りですが、では、給料の内、残業手当としていくら支払っているのか、決まっていない場合はどうなるのでしょうか。例えば、基本給には残業手当も含んでいると社員に説明している場合です。

残業手当込みで給料を支払っているとしても、労働基準法に従って、残業時間を計算して残業手当を支払わないといけません。しかし、残業手当としていくら支払っているのか決まっていないと残業手当の計算ができません。

例えば、月給30万円で、この内、残業手当として支払っているのが、1万円なのか10万円なのか分かりませんから、残業単価の計算もできません。限りなく黒に近いグレーですから、労働基準監督署の調査があったら指導されます。

適法にするためには、給料の内、残業手当に相当する金額がいくらか明確に分けておく必要があります。残業手当の金額が決まっていない場合は、社員の同意をもらって決めてください。このとき、最低賃金を下回らないよう注意してください。

残業手当の金額を明確にしないと、残業手当を全く支払っていないものとして計算した残業手当の支払を求められる可能性があります。

定額の残業手当 -->|--> 年俸制と残業手当