トップページなぜ残業するのか? > 仕事をキッチリやり遂げたい

仕事をキッチリやり遂げたい

優秀な社員ほど、目標に対する執着心が強いです。「目標を達成するんだ」「今日できる仕事は今日中に済ませておきたい」という意欲から残業時間が増加するケースです。

労働時間(残業時間)を短くするくらいなら、次の目標を達成するための業務に取り掛かりたい。優秀な社員にとっては、目標の達成と比べて、労働時間(残業時間)の優先順位は低いです。

特に成果主義の下では、普通、前年度の業績プラスアルファの目標が設定されます。そうなると、業務を効率化しない限り、労働時間(残業時間)が毎年増えていくのは自然なことです。

会社の目指す方向と、本人の目指す方向が同じ方向を向いているのか、マネジャーと本人の十分なコミュニケーションが必要です。

残業していると評価される -->|--> 残業手当の削減マニュアル