トップページなぜ残業するのか? > 残業していると評価される

残業していると評価される

遅くまで残業していると評価されるケースです。また、社員が勝手にそう思っているケースもあります。更に、サービス残業が会社に対する忠誠心の表れだと思い込んでいる古くからの社員もいます。

変な思い込みは正さないといけません。

製造業の現場社員や定型業務であれば、労働時間の長さに比例して成果も現れるでしょうが、割増の残業手当を支払って会社に利益が残るほどの業務であるのか調べておくべきです。

一方、ご存知のとおり、ホワイトカラーの業務は労働時間とはほとんど関係ありません。

ヤル気の高さが業績アップに繋がるとは思いますが、内面のヤル気の高さを評価するのは非常に難しいです。表面的な労働時間の長さで評価するものではないと思います。

顧客の都合に合わせている -->|--> 仕事をキッチリやり遂げたい