トップページ残業の法律知識 > 法定労働時間と所定労働時間

法定労働時間と所定労働時間

残業手当の割増率

  1. 時間外労働・・1週40時間又は1日8時間を超える労働
     → 時間単価の125%
  2. 休日労働・・・週1回の休日に行った労働
     → 時間単価の135%
  3. 深夜労働・・・午後10時から午前5時までの間に行った労働
     → 時間単価の25%

法定労働時間と所定労働時間

労働基準法では原則的には1週40時間又は1日8時間を超えて労働させてはならないと定められています。この1週40時間又は1日8時間を「法定労働時間」と言います。

これに対して、「所定労働時間」というのは会社で定めた労働時間のことを言います。例えば、勤務時間が9時から17時、休憩が1時間と定めている会社の所定労働時間は7時間(17−9−1)となります。

そして、労働基準法で規定されているのは、法定労働時間(1週40時間又は1日8時間)を超えたときは125%の残業手当(時間外労働手当)を支払いなさいとなっているだけで、所定労働時間は超えるけれども法定労働時間内の労働時間(7〜8時間)については割増し(125%)で支払う必要はありません。労働基準法上、この時間については100%で構いません。

ただし、これは労働基準法をベースにした考えであって、就業規則や雇用契約で社員にとって有利な取決めをしている場合は、そちらが優先されますのでご注意ください。

残業手当の計算例 -->|--> 就業規則と労働基準法の関係