トップページなぜ残業するのか? > 業務に繁閑の差がある

業務に繁閑の差がある

エアコンを取り扱っている業種やボーナス時期が忙しい業種などでは、季節的に業務に繁閑の差が生じます。暇な時期はゆっくり仕事ができるけど、忙しい時期は残業で対応せざるを得ないケースです。

また、月末だけ忙しいというように、月の中で業務に繁閑の差があるケースもあります。

月内で業務の繁閑がある場合は1ヶ月単位の変形労働時間制やフレックスタイム制を、季節的に業務の繁閑がある場合は1年単位の変形労働時間制を採用することで、残業時間(残業手当)を大幅に減らせることができます。

変形労働時間制は1ヶ月や1年といった期間を業務量に合わせて、忙しい時期の労働時間を増やし、暇な時期の労働時間を減らして、残業時間(残業手当)を削減するという方法ですので、暇な時期の労働時間を減らせない場合は効果が期待できません。

特定の個人に仕事が集中している -->|--> 顧客の都合に合わせている