トップページ継続的に残業を削減する > 36協定の限度時間を短くする

36協定の限度時間を短くする

法定労働時間を超えて残業させる場合は36協定を締結し、これを労働基準監督署に届出ないといけません。

36協定では、「残業させることのできる時間」を協定するのですが、ある程度の余裕をみて、36協定で定めることができるギリギリの限度時間で協定している会社が多いと思います。

この36協定で協定する時間を、毎年、短くしていきます。「法律は絶対に守る」と決意した会社にとっては良い意味でのプレッシャーとなって、継続的に残業時間を減らせる効果が期待できます。

キチンと残業手当を支払う -->|--> 定期的な見直し