トップページ残業を削減する方法 > ブラックボックスの仕事をなくす

ブラックボックスの仕事をなくす

特定の個人にしかできない(ブラックボックスの)仕事を作ってしまうと、その社員に業務が集中し、残業時間が増大します。特に休日労働については特定の社員に集中する傾向が強いです。

ブラックボックスの仕事があると、残業手当(残業時間)の増大以上に怖いことがあります。その人が急に抜けたら、会社がひっくり返ってしまいます。「退職する訳がない」と言う経営者もいらっしゃいますが、それには何の保証もありません。

また、余り考えたくないことですが、横領や違法取引などの不祥事が起きるのは、配置転換が長期間なされず、上司の目が行き届かないブラックボックスの仕事を作り出してしまったケースが多いです。

全ての業務について、複数の社員ができる体制を作ることです。全ての業務をマニュアル化できれば一番良いのですが、なかなか難しいと思います。

しかし、特定の個人が会社を引っ張っていく状況は避けるべきです。創業期ならまだしも、会社組織の発展を望むのであれば、個々の社員全員がそれぞれ力を発揮し、チームとして成果を上げられる組織とすべきです。

人材育成や業務の引き継ぎを行って、特定の個人に集中している仕事を、他の人に分担させて下さい。

進められないようであれば、配置転換を行ったり、強制的に1〜2週間年次有給休暇を取得させたりして、誰かに業務を引き継がざるを得ない状況を無理やりにでも作ってしまうことです。

業務の配分の見直し -->|--> 変形労働時間制の導入