残業手当の削減ノウハウ

残業手当というのは、どこの会社にとっても大きな負担となっていることでしょう。だからと言って、残業手当を支払わないのは明らかな労働基準法違反です。

報道でも、サービス残業をさせていた会社が是正勧告を受けたとか、中には書類送検されたといった事例もあります。サービス残業は過労死にも繋がるケースがあり、決して許されるものではありません。

また、「残業手当」で検索すると、従業員向けのサイトがズラーッと出てきます。理由は色々あります。専門家の手に掛かれば、サービス残業による未払い賃金を会社から取り返すのは簡単だからです。

このホームページでは、そういったサイトを利用する従業員が出てくる前に、残業手当を法律的に問題のないよう削減していきましょう、という趣旨で公開しています。残業手当の削減に役立てて下さい。

残業手当の削減ノウハウ−コンテンツ一覧

残業の法律知識

社員の方が法律をよく勉強していることがあります。会社も労働基準法についての知識を持っていないと、いつ足をすくわれるかもしれません。まずは労働基準法に関する知識を得ておきましょう。

残業時間かどうか?

労働時間に該当して、法定労働時間を超えたときは、残業手当の支払が必要になります。普通に仕事をしている時間は当然残業時間に該当しますが、「この場合はどうだろうか?」というケースが結構あります。

なぜ残業するのか?

一口に「残業を減らしたい」と言っても、どのような理由で残業が発生するのかは会社・個人によって異なります。それぞれの原因に対応する的確な方法を実行すれば、効果的に残業を削減できます。

残業に対する認識を変える

残業時間削減のため色々な制度を紹介していますが、制度だけを取り入れても根本的な解決には至りません。中には意識を変えるだけで、残業手当(残業時間)を減らすことが可能なケースもあります。

残業を削減する方法

残業時間(残業手当)を削減するための方法を紹介しています。「出来そうかな」と思ったものは全部試してみて下さい。

継続的に残業を削減する

ある程度残業手当(残業時間)の削減目標を達成できたとしても、継続的な努力を怠ると、元に戻ってしまいます。継続的に残業を削減する方法について。