なるほど労働基準法 > 採用 > 貯蓄金の中止命令

貯蓄金の中止命令

労働基準法 第18条第6項

使用者が前項の規定に違反した場合において、当該貯蓄金の管理を継続することが労働者の利益を著しく害すると認められるときは、行政官庁は、使用者に対して、その必要な限度の範囲内で、当該貯蓄金の管理を中止すべきことを命ずることができる。

【貯蓄金の中止命令】の解説です

社員の請求があったにもかかわらず、会社が貯蓄金を返還しなかった場合は、労働基準監督署は貯蓄金の管理の中止を命じることができます。

「社内の問題です」ということでは済まされないのね?

はい。社員が返還を求めているのに返還されないと、社員にとっては大きな不安や会社に対する不信感が高まるでしょうね。

ずっと返還されないかもしれないと思うだろうね。

そういうことにならないよう、労働基準監督署が貯蓄金の管理の中止を命じることができるようになっています。

へー。

適性検査と採用面接

適性検査を受けてみませんか
ただいま、1名様、無料で受けられます。
採用面接で、こんな失敗はないですか?