なるほど労働基準法 > 採用 > 賃金と借金の相殺の禁止

賃金と借金の相殺の禁止

労働基準法 第17条

使用者は、前借金その他労働することを条件とする前貸の債権と賃金を相殺してはならない。

【賃金と借金の相殺の禁止】の解説です

働くことを条件として、借金と賃金を相殺してはいけません。

会社が社員にお金を貸して、それを賃金と相殺することはダメなの?

働くことが条件となっているかどうかです。金銭の貸し借りと働くことが、セットなっていたらダメです。

ふ〜ん。

労働基準法全体に言えることなのですが、社員に退職の自由がないという状態は許さないという考えが基本にあります。

「別にいつでも退職していいよ」という関係だったら相殺してもいいのね。

はい。ただし、賃金から借金を控除するときは、事前に労使協定を結んでおかないといけません。

賃金控除の労使協定ね。

それと、会社からお金を貸すときは、最初に「賃金から控除することについて同意している」という内容の確認書を取っておいてください。本人の意思で相殺しているという形にしておきます。

「賃金と借金の相殺の禁止」に関する裁判例

適性検査と採用面接

適性検査を受けてみませんか
ただいま、1名様、無料で受けられます。
採用面接で、こんな失敗はないですか?