なるほど労働基準法 > 採用 > 労働契約の解除

労働契約の解除

労働基準法 第15条第2項

前項の規定によつて明示された労働条件が事実と相違する場合においては、労働者は、即時に労働契約を解除することができる。

【労働契約の解除】の解説です

採用するときに約束した内容が実際と違っているときは、社員はすぐに辞められます。

どういうこと?

民法で、社員が退職する場合は14日以上前に会社に申し出ることが定められています。

うん。

だけど、会社が約束した内容と違っているときは、14日を待たずに会社を辞めれるということです。

だまして入社させているから会社は引き留められないということね。

そういうことです。

適性検査と採用面接

適性検査を受けてみませんか
ただいま、1名様、無料で受けられます。
採用面接で、こんな失敗はないですか?