なるほど労働基準法 > 採用 > 罰金制度の禁止

罰金制度の禁止

労働基準法 第16条

使用者は、労働契約の不履行について違約金を定め、又は損害賠償額を予定する契約をしてはならない。

【罰金制度の禁止】の解説です

途中で退職したら罰金10万円とか、罰金を支払わせることはできません。

車をぶつけて、それを弁償させるのはダメなの?

いえ、そういうのは構いません。実際の損害額に関係なく、前もって金額を決めてはいけないということです。会社が損害を受けたときに、その損害額に応じた弁償まで禁止するものではありません。

あっそう。じゃ安心した。

ただ、社員は会社の管理下で仕事をやっている訳ですから、ある程度予測できる損害については全額の弁償はできないと考えておいてください。

どれくらいならいいの?

弁償させられるのは、損害額の2割くらいが限界かなと思います。故意に行ったとか、飲酒運転で事故ったとか、そのミスの原因によって負担割合が違ってきますけどね。

ふ〜ん。

どうしても許せないときは、懲戒処分にするか、人事評価で考慮するのが賢明です。ボーナスの金額の決定は、ある程度会社の自由にできますからね。

「罰金制度の禁止」に関する裁判例

「罰金制度の禁止」に関して、留学費用の返還を求めた裁判例退職金の返還を求めた裁判例があります。

適性検査と採用面接

適性検査を受けてみませんか
ただいま、1名様、無料で受けられます。
採用面接で、こんな失敗はないですか?