なるほど労働基準法 > 災害補償 > 労働基準監督署の職権による審査・仲裁

労働基準監督署の職権による審査・仲裁

労働基準法 第85条第2項

行政官庁は、必要があると認める場合においては、職権で審査又は事件の仲裁をすることができる。

【労働基準監督署の職権による審査・仲裁】の解説です

労働基準監督署は職権で審査や仲裁をすることができます。

職権濫用の職権のこと?

職務を行う上での権利のことで、労働基準監督署が必要と認めたときは審議をして査定したり、仲裁したりできることになっています。