なるほど労働基準法 > 災害補償 > 治療費負担の範囲

治療費負担の範囲

労働基準法 第75条第2項

前項に規定する業務上の疾病及び療養の範囲は、厚生労働省令で定める。

労働基準法 施行規則 第35条

法第75条第2項の規定による業務上の疾病は、別表第1の2に掲げる疾病とする。

労働基準法 施行規則 第36条

法第75条第2項の規定による療養の範囲は、次に掲げるものにして、療養上相当と認められるものとする。

  1. 診察
  2. 薬剤又は治療材料の支給
  3. 処置、手術その他の治療
  4. 居宅における療養上の管理及びその療養に伴う世話その他の看護
  5. 病院又は診療所への入院及びその療養に伴う世話その他の看護
  6. 移送

【治療費負担の範囲】の解説です

厚生労働省令?

会社の負担が義務付けられるのは、次の項目とされています。

  1. 診察
  2. 薬剤、治療材料の支給
  3. 処置、手術その他の治療
  4. 自宅での療養上の管理、その療養に伴う世話その他の看護
  5. 病院又は診療所への入院、その療養に伴う世話その他の看護
  6. 移送

診察を受けて、治療を受けて、薬をもらって、入院をして、移動費と、全部だね。