なるほど労働基準法 > 有給休暇 > 有給休暇の付与

年次有給休暇の付与

労働基準法 第39条

使用者は、その雇入れの日から起算して6箇月間継続勤務し全労働日の8割以上出勤した労働者に対して、継続し、又は分割した10労働日の有給休暇を与えなければならない。

【有給休暇の付与】の解説です

採用後6ヶ月勤務して、出勤率が8割以上のときは、10日分の有給休暇を与えないといけません。

有給休暇って結構多いよね。

労働基準法で定められた日数を全部与えるとしたら多く感じるでしょうね。

何か方法はないの?

有給休暇の日数は法律で決まっているのでどうしようもありませんけど、給料とかボーナスはどうしてますか?ある程度の有給休暇の消化を見込んで決定してはどうでしょう?

そうか、有給休暇を計算に入れてないからか〜。有給休暇が予定外のことになってるから。

有給休暇の消化を見込んでないと確かに大変でしょうね。

ところで有給休暇は次の年まで繰り越せるんだよね。

はい。有給休暇の時効は2年ですから、有給休暇を与えた日から2年間は取得する権利があります。

「有給休暇の付与」に関する裁判例