なるほど労働基準法 > 有給休暇 > 有給休暇の時季変更権

年次有給休暇の時季変更権

労働基準法 第39条第5項

使用者は、前各項の規定による有給休暇を労働者の請求する時季に与えなければならない。ただし、請求された時季に有給休暇を与えることが事業の正常な運営を妨げる場合においては、他の時季にこれを与えることができる。

【有給休暇の時季変更権】の解説です

会社は、社員が請求した日に有給休暇を与えないといけません。ただし、会社の業務に支障が出る場合は、他の日に変更してもらうこともできます。

うちは休まれたら困るけど、そんなときは有給休暇を拒否できるの?

拒否できるのではなくって、有給休暇を取得する日を変更することが認められています。

変更ね。日にちをずらすだけ。

それと、単に忙しいという理由ではダメで、一度に多くの社員が休むことになったり、その人しかできない重要な業務であったりして、社員の補充ができないで、会社の業務に支障が生じる場合でないといけません。

なんだか難しそうだね。

はい。難しいです。大抵の場合は認めないといけませんね。

う〜ん。

お願いすることはできますけどね。

お願い?

無理やり有給休暇を取り消すことはできませんから、お願いをして、それに応じてもらえれば問題ないです。「仕事が一段落着いてからにして欲しい」とか、「他の部署と調整して仕事が滞ることのないようにしてから」とかですね。くれぐれも強制的にならないようにして下さい。

お願いね〜。

「有給休暇の時季変更権」に関する裁判例