なるほど労働基準法 > 有給休暇 > 有給休暇の取得に対する不利益取扱いの禁止

年次有給休暇の取得に対する不利益取扱いの禁止

労働基準法 第136条

使用者は、第39条第1項から第4項までの規定による有給休暇を取得した労働者に対して、賃金の減額その他不利益な取扱いをしないようにしなければならない。

【有給休暇の取得に対する不利益取扱いの禁止】の解説です

有給休暇を取得した社員に対して、賃金カット等の不利益な取扱いをしてはいけません。

有給休暇を取得した月の皆勤手当をカットするのはダメ?

労働基準法の趣旨に反しますので避けるべきですけど微妙な問題です。皆勤手当の金額が1ヶ月4,100円で給与に対して2%弱のケースで、皆勤手当のカットを認めた裁判例があります。

金額の問題ですか?

そうですね。皆勤手当の金額が、有給休暇の取得を躊躇うくらいの金額なら違法と判断されると思います。個人差があるので、いくらまでならOKとは言いにくいです。

ふ〜ん。賞与を減らすのはどう?

これも微妙ですけど、有給休暇を取得したことを直接的な理由とするのではなく、協調性や積極性、成果などについて人事評価を行った上で結果的に賞与がダウンしたというのであれば問題ありません。

「有給休暇の取得に対する不利益取扱いの禁止」に関する裁判例