なるほど労働基準法 > 休憩と休日 > 一斉休憩

一斉休憩

労働基準法 第34条第2項

前項の休憩時間は、一斉に与えなければならない。ただし、当該事業場に、労働者の過半数で組織する労働組合がある場合においてはその労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がない場合においては労働者の過半数を代表する者との書面による協定があるときは、この限りでない。

労働基準法 施行規則 第15条

使用者は、法第34条第2項ただし書の協定をする場合には、一斉に休憩を与えない労働者の範囲及び当該労働者に対する休憩の与え方について、協定しなければならない。

【一斉休憩】の解説です

休憩時間は社員全員に一斉に与えないといけません。

そんなことまで決められてるの?

はい。個人個人で別々に与えてたら、結果的に休憩が取れない社員が出たり、それぞれの休憩時間にバラツキが出たりする恐れがあります。

会社がキチンと指導すればいいんじゃないの?

そうですね。お昼休みの時間中も機械を動かしたいとか、一斉に休憩を取られたら困る場合は、労使協定を作成して班別に与えたりすることもできます。

そうなんだ。労使協定ねぇ。

労使協定の内容は、一斉に休憩を与えない社員の範囲、休憩の与え方についてです。ちなみに、この労使協定は届出る必要はありません。ただし、一部の業種の会社については労使協定がなくても、一斉に与えなくても良いことが定められています。