なるほど労働基準法 > 職業訓練と寄宿舎 > 徒弟制度の弊害の排除

徒弟制度の弊害の排除

労働基準法 第69条

使用者は、徒弟、見習、養成工その他名称の如何を問わず、技能の習得を目的とする者であることを理由として、労働者を酷使してはならない。

【徒弟制度の弊害の排除】の解説です

技能の習得が目的だからといって社員を酷使してはいけません。

酷使?

例えば、最低賃金未満でこき使ったり、長時間労働を強要したりしてはいけませんということです。昔の徒弟制度の弊害をなくそうという趣旨の規定です。

今は聞かないね。

ええ。労働基準法ができたのは大昔ですからね。昭和20年代の労働基準法ができた当時には、まだこのような徒弟制度にまつわる習慣があったんでしょう。