なるほど労働基準法 > 職業訓練と寄宿舎 > 職業訓練の特例の許可の取消し

職業訓練の特例の許可の取消し

労働基準法 第73条

第71条の規定による許可を受けた使用者が第70条の規定に基いて発する厚生労働省令に違反した場合においては、行政官庁は、その許可を取り消すことができる。

【職業訓練の特例の許可の取消し】の解説です

職業訓練に関する特例の許可を受けた会社が厚生労働省令に違反した場合は、都道府県労働局長はその許可を取り消します。

厚生労働省令ですか?

特例によって、年少者に危険有害業務を行わせたり満16歳以上の年少者に坑内労働を行わせることが可能になることは説明したとおりですけど、厚生労働省令で危害を防止するために必要な措置を講じることが義務付けられています。

それに違反したら取り消すということ?

はい。そういうことです。厚生労働省令で定められている一般的な内容としては、次のようなものがあります。また、個々の業務については、それぞれ具体的に行わないといけないことが定められています。

  • 危害を防止するための指示をキチンと行うこと
  • その業務の安全衛生について教育すること
  • 作業環境の改善に留意すること
  • 訓練生の健康状態に留意すること

ふ〜ん。