なるほど労働基準法 > 職業訓練と寄宿舎 > 寄宿舎規則の作成

寄宿舎規則の作成

労働基準法 第95条

事業の附属寄宿舎に労働者を寄宿させる使用者は、左の事項について寄宿舎規則を作成し、行政官庁に届け出なければならない。これを変更した場合においても同様である。

  1. 起床、就寝、外出及び外泊に関する事項
  2. 行事に関する事項
  3. 食事に関する事項
  4. 安全及び衛生に関する事項
  5. 建設物及び設備の管理に関する事項

【寄宿舎規則の作成】の解説です

寄宿舎のある会社は、次の事項についての寄宿舎規則を作成して、労働基準監督署に届け出ないといけません。寄宿舎規則を変更した場合も労働基準監督署に届け出ないといけません。

  1. 起床、就寝、外出及び外泊に関する事項
  2. 行事に関する事項
  3. 食事に関する事項
  4. 安全及び衛生に関する事項
  5. 建設物及び設備の管理に関する事項

就業規則と同じようなものだ。

はい。この寄宿舎規則も、寄宿舎に寄宿する社員に周知しないといけません。

何か注意しておくことはない?

食費や部屋代、寝具の損料を社員に負担させる場合は、これについて記載しておかないといけません。