なるほど労働基準法 > 職業訓練と寄宿舎 > 労働基準監督官の即時命令

労働基準監督官の即時命令

労働基準法 第103条

労働者を就業させる事業の附属寄宿舎が、安全及び衛生に関して定められた基準に反し、且つ労働者に急迫した危険がある場合においては、労働基準監督官は、第96条の3の規定による行政官庁の権限を即時に行うことができる。

【労働基準監督官の即時命令】の解説です

寄宿舎に安全衛生上の問題があって、差し迫った危険があるときは、労働基準監督官は直ちに寄宿舎の使用停止等を命じることができます。

急に使うなって言われても困ってしまうね。

でも、ケガとか災害が起きてからでは遅いですからね。

そうだね。