なるほど労働基準法 > 職業訓練と寄宿舎 > 寄宿舎の設備

寄宿舎の設備

労働基準法 第96条

使用者は、事業の附属寄宿舎について、換気、採光、照明、保温、防湿、清潔、避難、定員の収容、就寝に必要な措置その他労働者の健康、風紀及び生命の保持に必要な措置を講じなければならない。

【寄宿舎の設備】の解説です

会社は寄宿舎の換気、採光、照明、保温、防湿、清潔、避難、定員の収容、就寝等について、社員の健康や安全のために必要な措置を講じないといけません。

ふ〜ん。寄宿舎って余り聞かないけど。

山間部の建設現場とか、寄宿舎を建てないと事業が成り立たないような場合に建てられるようです。

そんなときは仮住まいみたいな簡単なものではなくて、社員の健康とか安全にも注意して建てないといけないんだ。