なるほど労働基準法 > 職業訓練と寄宿舎 > 寄宿舎生活の自治

寄宿舎生活の自治

労働基準法 第94条

使用者は、事業の附属寄宿舎に寄宿する労働者の私生活の自由を侵してはならない。

【寄宿舎生活の自治】の解説です

会社は寄宿舎で生活する社員の私生活の自由を侵してはいけません。

寄宿舎っていうのは社宅とは違うの?

ええ、違います。寄宿舎の定義がありまして、これらの条件を満たしているときは寄宿舎とされます。

  • 常に相当数の社員が宿泊していて
  • 共同生活の実態があって
  • 独立した施設である

社宅は共同生活ではないということね。

はい。社宅のようにそれぞれが独立して生活しているケースは寄宿舎には当りません。起床時間とか就寝時間、食事等に一定のルールがあって、生活を共にしているようなケースです。

そう、分かった。それで、私生活の自由を侵してはいけないと。

はい。具体的には、このようなことが禁止されています。

  1. 外出、外泊するときに会社の承認を受けさせること
  2. 教育、娯楽等の行事への参加を強制すること
  3. 面会の自由を制限すること

うちは寄宿舎はないから、もういいや。

この3つは例示されているだけで、これ以外でも私生活の自由を侵すような行為は禁止されています。