なるほど労働基準法 > 就業規則 > 就業規則と労働契約の関係

就業規則と労働契約の関係

労働基準法 第93条

就業規則で定める基準に達しない労働条件を定める労働契約は、その部分については無効とする。この場合において無効となつた部分は、就業規則で定める基準による。

【改正】 労働契約と就業規則との関係については、労働契約法第12条の定めるところによる。

【就業規則と労働契約の関係】の解説です

従業員と約束した労働条件の内容が、就業規則の基準よりも劣る場合は、その約束は無効となって、就業規則が適用されます。

似たような規定があったね。

はい。労働契約と労働基準法との関係を規定した条文があります。あれも労働基準法に違反している労働契約は労働基準法が適用されることになっています。

パートタイマーには退職金を支給してないんだけど、大丈夫なの?

就業規則(退職金規程)で、「パートタイマーには退職金を支給しない」と規定していますよね。

うん。

そうでしたら、就業規則と労働契約は矛盾していません。就業規則(退職金規程)で「社員には退職金を支給する」となっていて、退職金を支払わない社員がいることを明記していないときは、パートタイマーにも退職金を支給することになってしまいます。

ほー。だったらいいんだね。

パートタイマーとか雇用形態によって、退職金を支給しなかったり、休職を適用しなかったりする場合は、就業規則のそれぞれの項目でキチンと適用しないことを定めておけば大丈夫です。

「就業規則と労働契約の関係」に関する裁判例