なるほど労働基準法 > 就業規則 > 従業員代表の意見聴取

従業員代表の意見聴取

労働基準法 第90条

使用者は、就業規則の作成又は変更について、当該事業場に、労働者の過半数で組織する労働組合がある場合においてはその労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がない場合においては労働者の過半数を代表する者の意見を聴かなければならない。

【従業員代表の意見聴取】の解説です

就業規則を作成、変更するときは、従業員代表の意見を聴かないといけません。

意見を聴くんだね。

はい。意見を聴くことが条件となっているだけで、その就業規則に賛成でなくても構わないんです。

反対していても良いってこと?

労働基準法上は反対意見であっても構いません。ただ、労働条件を引き下げるときは十分な話合いをして、他の条件を良くするとか、最大限の努力を行ってからにして下さい。

もちろんだけど、最大限の努力をしてたらいいの?

それだけじゃなくって、従業員がこうむる不利益の程度とか、会社の経営状態とか、世間相場とか、色んな条件によって総合的に判断されます。デリケートな問題ですので注意がいります。

従業員代表に反対されたら、とりあえず作戦を考え直さないといけないね。

そうですね。変更自体が認められない場合もありますので、そのときは相談して下さい。

特に意見がないときはどうしたらいいの?

意見書にそう書いてもらえばいいです。

書いたことがないから、全然分からないんだけど。

従業員代表の意見をそのまま書いてもらって良いんですけど、「就業規則の作成に際して意見を求められましたが、特に異議はありません」とでもしておいて下さい。

なるほど。