なるほど労働基準法 > 解雇と退職 > 解雇予告日数の短縮

解雇予告日数の短縮

労働基準法 第20条第2項

前項の予告の日数は、1日について平均賃金を支払つた場合においては、その日数を短縮することができる。

【解雇予告日数の短縮】の解説です

解雇をするときは30日以上前に予告することになっていますが、平均賃金を支払った日数分だけ、その日数を短縮することができます。

どういうこと?

例えば解雇日の10日前に解雇を言い渡すのであれば、20日分の賃金(正確には平均賃金)を支払えばOKです。

解雇日までの日数と支払った平均賃金の日数を足して30日以上であればいいということね。

はい。そうです。