なるほど労働基準法 > 解雇と退職 > 退職時の証明

退職時の証明

労働基準法 第22条

労働者が、退職の場合において、使用期間、業務の種類、その事業における地位、賃金又は退職の事由(退職の事由が解雇の場合にあつては、その理由を含む。)について証明書を請求した場合においては、使用者は、遅滞なくこれを交付しなければならない。

【退職時の証明】の解説です

退職した社員、解雇した社員から請求されたときは、次の項目についての証明書を出さないといけません。

  1. 勤務していた期間
  2. 業務内容
  3. 地位・役職
  4. 賃金
  5. 退職の理由・解雇の理由

ふ〜ん。これまでそんなことを言ってきた社員はいなけどね。

例えば、転職先から本人に、転職前はどんな仕事をしてたのか、給料はいくらもらってたのか、証明書を提出するよう求めることもあるようです。

そこまでやってる会社があるの。

後は、解雇理由に納得できない社員が、解雇理由を記載した証明書を請求してくるケースがあります。

そうなったら面倒そうだね。