なるほど労働基準法 > 解雇と退職 > 金品の部分返還

金品の部分返還

労働基準法 第23条第2項

前項の賃金又は金品に関して争がある場合においては、使用者は、異議のない部分を、同項の期間中に支払い、又は返還しなければならない。

【金品の部分返還】の解説です

社員の賃金と金品は請求後7日以内に返還しないといけませんが、意見が異なる場合は、異議のない部分を7日以内に返還しないといけません。

意見が異なる場合?

残業手当の金額の計算が、会社と社員で違っているケースとかが考えられます。

とりあえず、会社で計算した金額を支払いなさいということね。

はい。異議のない部分は支払って、嫌がらせ的に全く支払わないということは許されません。

制服の所有者が誰なのか分からなくっても、他の関係のない物は社員に返還しないといけないと。

はい。