なるほど労働基準法 > 女性 > 妊産婦の深夜労働

妊産婦の深夜労働

労働基準法 第66条第3項

使用者は、妊産婦が請求した場合においては、深夜業をさせてはならない。

【妊産婦の深夜労働】の解説です

妊娠中の女性社員と産後1年未満の女性社員が請求したときは、午後10時から午前5時の時間帯に働かせることはできません。

時間外労働と休日労働と、この深夜労働は、請求があったときはさせてはいけないということだけど、別々に例えば、深夜労働だけしたくないと請求されたときは?

深夜労働だけを認めればいいです。

管理監督者が請求してきたときは?

管理監督者については労働時間と休日に関する規定が適用されませんので、時間外労働と休日労働については労働基準法上は請求できないことになっています。

深夜労働は?

深夜労働は管理監督者にも適用されますので、請求があったときは応じないといけません。