なるほど労働基準法 > 女性 >  妊産婦の残業

妊産婦の残業

労働基準法 第66条第2項

使用者は、妊産婦が請求した場合においては、第33条第1項及び第3項並びに第36条第1項の規定にかかわらず、時間外労働をさせてはならず、又は休日に労働させてはならない。

【妊産婦の残業】の解説です

妊娠中の女性社員と産後1年未満の女性社員が請求したときは、36協定を締結していても、1週40時間1日8時間を超えて働かせることはできません。また、週1回は休日を与えないといけません。災害時であっても同じです。

災害時で緊急の場合でもダメなんだ。

はい。請求が条件になっていますので、請求してこなければ残業させることができます。

でも、災害時だったら本人の体にも影響しそうだから帰ってもらった方がいいかも。

そうかもしれませんね。